シェアハウスとは

シェアハウスとは、一つの住居に数人で住むことをいいます。同居人はルームメイトやシェアメイトなどと呼びます。主にキッチンやリビングなどを共有し、個室は各自のプライベートルームとして確保される形が一般的です。
いつも誰かが居る環境に身を置きたい人にとっては最高の住み家であり、一人暮らしとは違い、共同生活によって住居費を節約できます。学生や社会人でも変わらず住居費というのは大きな出費になってしまうのです。

この数年でシェアハウスは急激に広がりを見せ、新しい生活スタイルとして若者を中心に浸透し始めています。今までは一つ屋根の下に住むのは家族だけという認識がありましたが、これを覆したのがシェアハウスです。
家族でもない友達でもない全くの他人と共同生活には、良いところも悪いところもあります。ですが、人と人とのコミュニケーションが薄くなっている現代では、逆に注目が高まっているのです。シェアハウスは一つの居住形態として、これからますます社会に浸透していくことでしょう。

そしてシェアハウスというと誰もが高い関心を寄せるのが出会いです。ここには職場でも得ることができない様々な自然な形での出会いがあります。
年齢や性別を超えた他人との共同生活の中には刺激も多く、外国人とシェアすることで異文化に触れられる機会も生まれています。

これから引っ越しを控えている人は、シェアハウスも一つの選択肢に入っているのではないでしょうか。